富士山の天然水

Factory 富士山の天然水 山中湖工場

所在地
〒401-0501 山梨県南都留郡山中湖村山中993-2
生産開始
2022年4月

富士山の天然水を企業様のPETボトル
(300ml~2L)に充填いたします。

オリジナルPETボトル水の製造に置いて、 プリフォームのボトル成型から ラベル巻き、梱包、出荷手続きに至るまで、 一貫して工場内で行っております。

01 製造工程 ボトル成型~充填

PETプリフォーム

PETボトルの原型である、 プリフォームを機械に投入します。

ブロー機

ブロー機でPETボトルの形に成型します。

ボトル洗浄、充填

空のPETボトルを微酸性電解水で洗浄し、製品水で容器をすすいでから製品水を充填します。

キャップ洗浄

PETボトルのキャップは微酸性電解水でどぶ漬け洗浄し、製品水で2次洗浄してからボトルに装着します。

02 製造工程 ラベル装着~梱包・搬送

ボトル搬送コンベア

充填したPETボトルを搬送コンベアでラベル装着機へ搬送します。

ラベル装着機

PETボトルにラベルを装着します。
ラベルは糊付けの「ロールラベル」と、熱圧着の「シュリンクラベル」の2種類に対応しています。

梱包

ラベルを装着したPETボトルを製品箱に梱包します。
ボトルの種類によりケース入数が異なります。

自動倉庫

梱包が終わった商品を自動倉庫に搬入し、菌検査で問題が無いことを確認してからお客様のもとへお届けします。

03 製造工程 その他

水処理

地下からポンプで汲み上げた原水は1.0μm、0.45μm、0.2μm×2の合計4層のフィルターでろ過処理を行います。
当社では美味しさに拘った「非加熱処理」を採用しております。

検査室②

自社検査室を完備しており、 製造した商品は極めて衛生度の高い環境で、3項目の微生物検査、理化学検査、官能検査を行い、安心安全な商品を提供できるように細心の注意を払っています。

検査室①

定期的に外部の検査機関で45項目の水質検査、ミネラル成分の検査、放射能検査なども行っております。